Diary 雑記

113

初日舞台挨拶の様子

いよいよ映画「甘い鞭」が公開になり、僕は9月21日に丸の内東映で行われた初日舞台挨拶に行って来た。

その控え室で,岬奈緒子の少女時代を演じた間宮夕貴さんに初めてお会いした。

映画は試写会で何度か見ている。それにもかかわらず、僕には一瞬,間宮さんがわからなかった。映画での間宮さんはいつも裸で,顔は腫れ上がって血まみれだったからだ。

実際の間宮さんはとてつもなくチャーミングで,可愛くて,スタイルが抜群だった。そして、とても明るくて、人なつこい女性だった。

「撮影は本当に楽しかったけど,肉体的にはものすごく大変だったんですよ。体中アザだらけで……ほらっ、ここにまだ縛られた時のアザが残っています」

そう言って,間宮さんは僕に、ほっそりとした両腕に残ったアザを見せてくれた。

僕があんな小説を書いせいで、ひどい目に遭わせてごめんなさい。

間宮さん,許してくださいね。

その後は控え室に檀蜜さんもやって来た。檀蜜さんは時間ができたら、横浜の我が家にワインを飲みに来てくれることになった(リップサービスです)。

そして、いよいよ舞台挨拶に立ったのだが,檀蜜さんと間宮夕貴さんの力で,客席は超満員だった。

おいでいただいたみなさま、ありがとうございます。

まあ、舞台挨拶では僕はあまり喋りませんでしたけどね。あの日の主役は、あくまでふたりの美しい女性です。

「甘い鞭」はこれから全国で順次,公開になります。みなさま、ぜひ、劇場に足を運んでください。涙が出るほど美しくて,切ない映画になっております。

Diary list

Diary:160〜169
Diary:150〜159
Diary:140〜149
Diary:130〜139
Diary:120〜129
Diary:110〜119
Diary:100〜109
Diary:90〜99
Diary:80〜89
Diary:70〜79
Diary:60〜69
Diary:50〜59
Diary:40〜49
Diary:30〜39
Diary:20〜29
Diary:10〜19
Diary:1〜9
このページのトップへ