Diary 雑記

31

「人は何も持たずに生まれて来て、何も持たずに死んでいく。生まれた時はひとりきりだし、死ぬ時もまた、ひとりきりだ」

最近・・・そんなことばかり考えて暮らしている。

なぜ?

はっきりとしたことは僕にもわからない。

もしかしたらその理由は、僕がすでに、人生の半分以上の時間を生きてしまったからなのかもしれない。

そうだ。僕の時間は、もうすでに半分以上が終わってしまったのだ。

若い頃は、40才になればもう諦めもついて、欲しいものもなくなって、さまざまな煩悩から解放され、無欲に、美しく、清らかに、他人のことを思いやって生きられるのではないか・・・そんなふうにも考えていた。40才になれば、自然と人に優しくなれるのではないか、と。

けれど、すでに45才になったというのに、僕は相変わらず自分勝手で、わがままで、相変わらず煩悩の塊である。

人に優しくできないし、人を思いやることもできない。

僕はしばしば癇癪を起こす。時には1日に2回も3回も癇癪を起こす。それも、ごくささいな、どうでもいいことでカッとなる。

もう癇癪は止めよう・・・そう決意した直後にもまたカッとなる。

それだけではない。僕はささいなことで、気分がふさぐ。特に、小説が思ったように書けない時や、煮詰まってしまった時には、ひどくふさぎ込む。

つい先日、立命館大学の講演で若者たちに、一喜一憂しないようにと僕自身が言ったはずなのに、僕のほうが、つまらないことで一喜一憂しているのである。

いい年をして、いったい何をやってるんだと、自分でも悲しくなる。

お金はそんなにないけれど、僕は好きな仕事をし、好きな人と暮らし、好きな時に好きなところに出かけ、誰にも束縛されず、自由気ままに生きている。

それなのに、何をそんなにカッカする必要があるというのだろう? どうしてこんなにも一喜一憂しなければならないのだろう? これ以上、何を望んでいるというのだろう?

ほら、気がつくとまた、いつもの口癖の「畜生」という言葉を呟いている。

これでは、いかん。もっと真摯に、もっと人に優しく、癇癪を起こさず、毎日を無駄にせず、一喜一憂せず、生きていることに感謝しながら、自分にできることをきちんとやっていかなければ・・・。

「人は何も持たずに生まれて来て、何も持たずに死んでいく。

生まれた時はひとりきりだし、死ぬ時もまた、ひとりきりだ」

僕はその言葉を紙に書き付け、パソコンの脇に張り付けたりして、腕組みをして、それを何度も読み返した。

そうだ。欲張ってはいけないのだ。もっと謙虚にならなくてはいけないのだ。もっと感謝を持って生きるべきなのだ。

その言葉を肝に命じるために、じっと噛み締めるようにしていたら・・・突然、電話が鳴った。

電話をして来たのは懇意にしている旅行代理店だった。

「オヤビン、今なら特別に格安で、特別にゴージャスな南の島へのツアーがありますぜっ!! 行かなきゃ損をしますぜっ!!(超訳)」

むむむむっ。

常夏の島!! 降り注ぐ陽光!! 透き通った海!! 風にそよぐ椰子の葉!! 咲き乱れるブーゲンビリアとハイビスカス!! プールでビール!! マッサージとスパ!! 天蓋付きのベッド!! 迷子になるほど広いスィートルーム!!

たった今、煩悩との決別を心に決めたばかりだというのに、僕の心は早くも煩悩に占領されてしまった。

しかたがない。南の島の誘惑に打ち勝つことはできない。

そんなわけで・・・またまたまた南の島に出かけて来ます。

帰国したら、今度こそ、本当に心を入れ替えて真面目に仕事をします。ごめんなさい。

Diary list

Diary:150〜159
Diary:140〜149
Diary:130〜139
Diary:120〜129
Diary:110〜119
Diary:100〜109
Diary:90〜99
Diary:80〜89
Diary:70〜79
Diary:60〜69
Diary:50〜59
Diary:40〜49
Diary:30〜39
Diary:20〜29
Diary:10〜19
Diary:1〜9
このページのトップへ