Diary 雑記

45

檻の中の少女』の発売に合わせ、角川書店が「大石圭ホラーフェア」をやってくれることになり、フェアの一環として50名の読者にオリジナルグッズをプレゼントすることになった。

「で、そのオリジナルグッズなんですけど、大石さん、何か面白いアイディアありませんか?」

少し前、角川書店の担当の時岡さん(アルカイダのビンラディンによく似た元バッグパッカーです)に、そう相談された。

「さて?」

僕は首を傾げた。何も思いつかないのである。

「それじゃあ、たとえば、大石さんは何がもらえたら嬉しいですか?」

時岡さんはなおもきいた。

「どんなものでもいいんですか?」

「どんなものでもって言われても・・・でも、まあ、言ってみてください」

「そうですね。ええっと・・・僕がもらって嬉しいのは・・・フランク・ミューラーの腕時計とか・・・新型のスカイラインGT-Rとか・・・バリ島の超高級リゾートホテルのスィートルームの10連泊券とか・・・横浜みなとみらいの高層マンションの最上階の部屋とか・・・」

試しに僕はそう言ってみた。

「そんなものプレゼントできるわけがないでしょう?」

時岡さんは呆れ顔である。

当然のことだ。そんなものを50人分もプレゼントしたら、角川書店は倒産に追い込まれてしまう。

うーん。でも、それほど高価ではなく、なおかつ、当選したら嬉しいものなんて、この世の中にあるのだろうか? 欲しいものであり、それが手の届く値段のものなら、みんな自分でお金を出して買うのではないか?

いったい何がいいんだろう?

いろいろと考えてはみたが、まったく思いつかない。

しかたなく妻に相談した。

すると妻は簡単に答えた。

「あなたのオリジナルコーヒーにしたら?」

それは、なかなかいいアイディアに思えた。

10代の頃から僕はコーヒーが大好きで、ほぼ毎日、6杯も7杯も飲んでいる。1日に10杯以上飲むことも少なくない。味覚はあまり敏感ではないのだが、コーヒーにだけはうるさくて、専門店で好みの味にブレンドしてもらったりもしている。

読者のかたからも、「大石さんの本を読んでいるとコーヒーを飲みたくなる」というメールをいただいたことがある。

だとしたら、オリジナルブレンドのコーヒーはいいかもしれない。

時岡さんに相談したら、「それはいいですね」ということになった。

そんなわけで、賞品はオリジナルブレンドコーヒーに決定しました。1月31日に実際に僕が神田の珈琲専門店でブレンドしてきました。非常に酸味の強い独特のコーヒーになりました。とてもおいしいです。

たった50人にしかプレゼントできないのは残念ですが、たくさんのみなさまのご応募をお待ちしています。

 ちなみに特別賞は僕が長年にわたって愛用して来た、「ニコンF」。1950年代の後半に作られたという古いカメラです。ベストセラー小説「マディソン郡の橋」で主人公のカメラマンが使っているのと同じ機種です。

僕が世界のあちこちに持ち歩いたのでぼろぼろですが、これまでにそのカメラで何千枚もの写真を撮りました。当たったかたは大切にして下さいね。

Diary list

Diary:160〜169
Diary:150〜159
Diary:140〜149
Diary:130〜139
Diary:120〜129
Diary:110〜119
Diary:100〜109
Diary:90〜99
Diary:80〜89
Diary:70〜79
Diary:60〜69
Diary:50〜59
Diary:40〜49
Diary:30〜39
Diary:20〜29
Diary:10〜19
Diary:1〜9
このページのトップへ