Diary 雑記

50

読者の方たちから、「真夜中のコーヒーが当たりました!!」というメールが相次いで届いた。みんなとても喜んでくれていて、何だか僕まで嬉しくなってしまった。

お世辞かもしれないけれど、「真夜中のコーヒー」を飲んだ人たちがみんな、「おいしかったです」と言ってくれて、それもすごく嬉しかった。

あのレシピは疲れが取れる気がします。甘いもの、特にケーキとの相性もいいように思います。

けれど、「まだ届かないけど、やっぱり外れたんですよね?」というメールも来てます。50人しか当たらないから当然のことですが、「当たりました」というメールの何倍もの数です。

僕は抽選の結果は知りませんが、まだ届いていないのでしたら、たぶん外れてしまったのだと思います。ごめんなさい。

でも、どうしても「真夜中のコーヒー」を飲みたいという方に、レシピをお教えします。

あのコーヒーは、キリマンジャロが5、ハワイのコナコーヒーが3、それにモカが1という割り合いでブレンドされています。非常に酸味の強いブレンドで、たとえば苦味優先のマンデリンとは対極にある味です。

良かったらブレンドしてみてください。でも、コナコーヒーは高価なので、ふだんは僕も飲んでいません。

ところで、あのカメラは誰が当たったのかな? とてもクラシカルなカメラですので、使い方がわからなかったらメール下さい。

さて、話題が変わりますが、秋葉原の無差別殺傷事件には心が痛みます。

実は僕はテレビを見ないので、事件が発生したことを夜まで知りませんでした。読者の方々から次々に、「人を殺す、という仕事」そっくりの事件が起きましたね、というメールが来て、それでテレビをつけて知りました。

処刑列車」に出てきそうな男ですね、というメールもいくつもいただきました。

「大石圭はいつも凶悪事件を予言している」という人たちもいました。

僕は予言をしているわけでも、「やれっ!」と、そそのかしているわけでもないんです。そんなつもりは、まったくないんです。でも、僕が小説に書くような事件があまり続くと、何だか暗い気分になります。

それでも、「大石さんが書くものを読むと、自分の中の犯罪衝動が昇華されて心が落ち着く」という方もいるから、それが救いです。

心が暴走を始めそうな方、ぜひ、僕の本でその衝動を解消してください。僕の本を読めば、やったと同じような気持ちになって、すっきりできるかもしれません。

また話題は変わりますが、マカオにリベンジの旅に行って参りました。またしてもサイコロ賭博の「大小」です。

今回は1枚やられたら次は2枚賭ける。それもやられたら、次は4枚賭ける。それもやられたら、次は8枚、その次は16枚・・・という「大石システム」を採用しました。

これなら負けるはずがないのですが、勝ちも小さくて、楽しめませんでした。

で、翌日からは、「4連勝するまで倍倍で賭ける」というシステムを使い続け、またしても大敗してしまいました。なかなかうまくいかないものです。最後の一か八かの大勝負にも負けてしまいました。はあ。

でも、それほど遠くない将来、またマカオにリベンジに行く予定です。

Diary list

Diary:150〜159
Diary:140〜149
Diary:130〜139
Diary:120〜129
Diary:110〜119
Diary:100〜109
Diary:90〜99
Diary:80〜89
Diary:70〜79
Diary:60〜69
Diary:50〜59
Diary:40〜49
Diary:30〜39
Diary:20〜29
Diary:10〜19
Diary:1〜9
このページのトップへ