大石圭

1961年5月10日 東京都目黒区生まれ
法政大学文学部卒
1993年「履き忘れたもう片方の靴」第30回文藝賞佳作受賞
神奈川県横浜市在住
妻とチンチラのお菊さん、ノルウェージャン・フォレストキャットのノボルの4人暮らし

News & Topics-ニュース&トピックス

New Release-新刊情報

自分を愛しすぎた女 人でなしの恋。

This Month's K-今月の大石圭

読者のみなさま、こんにちは。寒暖の差が大きいですね。みなさま、お元気ですか? 幸い、僕は元気にやっております。

さて、4月に徳間書店(徳間文庫)から発売された「自分を愛しすぎた女」、みなさまはもう手に取っていただけたでしょうか?

自分は特別な存在だと信じてきた主人公、今井花梨(いまい・かりん・32歳)の一日を描いた作品です。かなり僕らしいエロティック・サスペンスになったのではないかと自負しております。ぜひ、手に取ってください。

8月には角川ホラー文庫から新作「百二十歳の童女(仮タイトル)」が発売されます。これは美しい混血の美術商、柊ニーナ(ひいらぎ・にーな・30歳)と、呪われたアンティーク・ビスクドール「ブリュ・ジュン」の物語です。

美術商を始めた妻の助言を受け、自宅にあるブリュ・ジュンを眺めながら書きました。これまでとは少し違う作風になっているような気もします。ご期待ください。

6月21日発売の「特選小説8月号」から三回にわたって、巻頭に官能短編小説を連載します。すでに第一話と第二話は書き終え、現在、第三話の構想中です。こちらもご期待ください。

今後は光文社文庫、徳間文庫と刊行していく予定です。引き続き、よろしくお願いいたします。

大石圭