Diary 雑記

100:ノボル効果

  • 新居にて1
  • 新居にて2
  • 新居にて3
  • 新居にて4
  • 新居にて5
  • 新居にて6
  • 新居にて7
  • 新居にて8
  • 新居にて9
  • 新居にて10
  • 新居にて11
  • 新居にて12
  • 新居にて13
  • 新居にて14

2月初旬に引っ越しをしたのだが、僕たち夫婦がいちばん心配していたのは「お菊」のことだった(無邪気で能天気なノボルのことは、まったく心配しませんでした)。

3年半前、平塚のマンションから町田市の妹の家に引っ越した時には、環境の変化に弱い「お菊」はとても弱ってしまった。クロゼットの中や、下駄箱の下の暗がりに1日中引きこもり、ほとんど餌を食べなくなったのだ。

今回もそうなるのではないかと僕たちは案じていた。

おまけに新居の二階の廊下は光床(ひかりゆか)といって、簀の子のような造りになっている(スカートの女性が歩いているのを下から見上げると、下着が見えるはずです)。運動神経の鈍い「お菊」に、この光床を歩けるとは思えなかった。

それでも、前の引っ越しの時には「お菊」も1週間ほどで新居に順応したから、今回もいつかは適応してくれるだろうとだろうと期待した。

さて、実際に引っ越してみると……新居に大喜びしているノボルが目の前にいるせいか、「お菊」もまったくびびっている様子はない。

引っ越してすぐに「お菊」はノボルと一緒にふたつの階段を上り下りし(二階へ向かう階段と、屋上バルコニーへと続く階段があります)、へっぴり腰ながらも光床を歩き回った。屋上やテラスの探検も、その日のうちに済ませた(ノボルはやんちゃなので、屋上&テラスへの立ち入りは禁止です)。前回の引っ越しの時のように、食欲が落ちることもなく、初日から元気いっぱいである。

「ノボルの効果はすごいなあ」

妻も僕もほっとした。そして、引っ越し祝いに、取って置きのシャンパンを開けたのでした。めでたし、めでたし。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ