Diary 雑記

11:失踪する

数日前の夜のことである。

夫婦で平塚総合公園に散歩に出かけ、帰宅後に僕がシャワーを浴びていると、妻が「菊がいない」と騒ぎ出した。

「お菊」がいないのは普通のことである。僕は驚かなかった。

我が家は極端に狭いにもかかわらず、家の中で「お菊」と遭遇することは稀である。

たぶん、いつものように、どこかに隠れているのだろう。猫というのは、いるんだか、いないんだかわからない、ゴキブリのような生き物である。

だが、そうではないらしい。どうやら、本当にいないようなのである。
 僕は慌てて浴室を飛び出した。

ベッドの下、ソファの下、トイレ、押し入れ、下駄箱の中、カーテンの陰・・・念のために網戸を開けてベランダも見た。

いない。やはり、どこにもいない。

妻はすでに半狂乱になっている。

この夏、我が家ではずっとエアコンを使っていたが、その日は海からの風が気持ちよかったので、玄関のドアをほんの少し開けておいた。もしかしたら、そのわずかな隙間から勝手に外に出たのかもしれない。

玄関のドアを開けておいたのは、僕たちが散歩に出かける前だから、少なくとも2時間以上も前のことである。ということは・・・「お菊」のやつは2時間以上も前に出て行ったということになる。

僕は10階の自宅を飛び出すと、まず解放廊下からマンションの中庭をのぞいた。もし、その中庭に10階から転落した「お菊」の血まみれの死体があったら・・・そう思うと、背筋が冷たくなった。

だが、幸いなことに中庭には「お菊」の死体はなかった。

それで今度は10階から順番に、大きな声で「お菊」の名を呼びながらマンション中を探し歩いた。

どうしてドアを開けておいたんだろう? 僕はすぐ近くで仕事をしていたのに、ドアから出て行く「お菊」にどうして気付かなかったんだろう? 頭の中は後悔でいっぱいである。

もし、このまま見つからなかったらどうしよう? 専門の業者に探してもらおうか? あるいは貼紙でも張ろうか?

10階には「お菊」はいない。9階にもいない。8階にもいない。7階にもいない。心臓が高鳴り、足が震える。妻の泣き顔が目に浮かぶ。

階段を使って4階まで下りて来た僕が「菊!!」と呼ぶと、どこからか「にゃー!!」という悲鳴のような声が聞こえた。

再び「菊!!」と大声で呼ぶ。

するとまた、「にゃー!!」という悲鳴のような声がする。

僕は4階の解放廊下を夢中で走った。すると、何と402号室のドアの前に「お菊」のやつがうずくまっているではないか!!

402号室は僕たちが暮らす1002号室と同じ作りである。「お菊」はそこが僕たちの部屋だと思っていたらしい。

僕は両手で「お菊」を抱き上げた。「お菊」のやつは爪を立てて、夢中で僕の身体にしがみついた。 「お菊」はがたがたと震えていた。

それは感動的な再会ではあった。

そんなふうにして、「お菊」の冒険は終わった。帰宅した「お菊」は信じられないほど大量の水を飲んでいた。

それにしても、4階までどうやって下りたのだろう? いったい402号室の前にどのくらいのあいだいたのだろう? 下りた階段を上るという発想はないのだろうか?

パグ犬のピーナッツは13年間、一度もそんなことはなかったというのに・・・猫というのは困った生き物である。やれやれ。

ところで、デジカメはいまだに直しておりません。今月中には直すようにします。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ