Diary 雑記

123:餌が足りん!! 砂も足りん!!

  • 二頭ともお目覚めです
  • 門松に夢中です
  • そろそろ眠い
  • きょうは雪です
  • きょうはここで昼寝です
  • いつも、こうです
  • 階段は暖かい

我が家の二頭はずっと、ドライフードを月に4キロ、ユニチャームの5リットル入りの猫砂を月に4袋ずつ消費していた。

だから、僕たち夫婦は月初にいつも、ドライフード4キロと、猫砂4袋を購入していた。

けれど、ここ数ヶ月、餌も砂も月末には底を突き、買い足さなければならない状態が続いている。

どういうわけか、ここ数ヶ月、猫どもはよく食べ、水を大量に飲み、うんこやおしっこを大量に排泄するのだ。

巨大児のノボルはもともと大食漢で、大量の水を飲み、一日に一度の大うんこと、6回から7回の大量のおしっこをした。それは今も変わらないが、最近ではすでに10歳になった「お菊」までが、一日に3回も4回もおしっこをするようになったのだ(かつては一日に一度か二度でした)。

おしっこの回数が増えるのは、猫の場合はあまりいいことではないことが多い。猫には腎臓疾患が多いのだ。

けれど、「お菊」の場合は病気ではなく、ノボルに誘われて活発に動くようになったことが理由のようだ。

かつての「お菊」は眠ってばかりいた。だから、当然、あまり餌も食べず、水も少ししか飲まなかった。

必然的に、うんこの量もおしっこの回数も少なかった。

だが、最近の「お菊」はよく動く。早朝にノボルと運動会をしていることは以前にも書いたが(起きると家中が毛だらけです)、それだけではなく、僕がテラスや屋上バルコニーに煙草を吸いに出るたびに、ノボルと一緒についてくるようになったのだ。

テラスや屋上では、二頭で競うようにしてジョウロの水を飲む(水はいつも用意してあるのに、どういうわけか、ジョウロの水が好きです)。僕が煙草をふかしているあいだ、ずっと戦っていることもある。

動くからお腹が減る。そして、二頭でガツガツと餌を喰い、がぶがぶと水を飲む。

そんなわけで、餌と猫砂の消費量が増えたのである。

それでも、ノボルの体重は7キロ半で止まっている。

「お菊」にいたっては、若干だが体重が減っている(運動の効果ですね)。

餌と砂の購入は大変だが(猫どもが食べているヒルズの「メタボリックス」は動物病院でしか買えません。

おまけに4キロで8000円もします。猫砂は安いけれど、重たいから運搬が大変なのです)、猫どもが健康なら、それで良しとするしかない。

さて、きょうは1月31日である。

もう餌も砂も底を突いた。明日は猫どものために、妻の運転するクルマで餌と砂を買いに行きます(僕は左目がよく見えないので、クルマの運転ができません)。締め切りが近くて忙しいのに、面倒だなあ。

にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ