Diary 雑記

124:猫が喜ぶDVD

  • またまた留守番中1
  • またまた留守番中2
  • またまた留守番中3
  • またまた留守番中4
  • またまた留守番中5
  • またまた留守番中6
  • 猫が喜ぶDVD

我が家の朝食は正午からだが、その時に録画しておいたNHKの朝の連続テレビドラマ「マッサン」を見ている。

そのテーマ曲が流れ始めると、「お菊」がいつもテーブルに飛び乗り、テレビの画面に見入る。中島みゆきさんの歌の途中で、画面を横切る鳥(ハトかな?)を捕獲するのが目的である(ノボルはこの時間はいつも昼寝です)。

ハトが画面を横切ると、「お菊」が身を乗り出す。けれど、うまく捕獲できない(当たり前ですね)。

それで僕たちは「お菊」のために何度も画像を巻き戻し、ハトが横切る映像を見せてやっている(親ばかです。おかげで、なかなか「マッサン」を見られません)。

「マッサン」だけでなく、テレビの画面を鳥が横切ると、「お菊」は敏感に反応する(ノボルは無視してます)。

テレビの鳥にそんなに反応するなら、鳥ばかりが映っているDVDはないだろうか?

そう思った僕たちは、インターネットで探してみた。

すると、あった、あった。ありました。

その名も「猫が喜ぶDVD」。

さっそく、上映してみると……画面を何度も鳥が横切る。鳥だけでなく、ねずみも登場するし、昆虫も登場する。熱帯魚まで登場する。

「お菊」は予想通り、テレビの前に釘付けである。それだけでなく、なんと、ノボルまでがテレビの前から動かなくなってしまったのだ。

このDVD、猫たちが喜んだだけでなく、僕たちにとってもすごく便利だった。

たとえば、妻が料理をしている時、ノボルはいつも妻に付きっきりだった(つまみ食いをしようとしたり、シンクの水を飲んだり、菜箸にじゃれついたり、クッキングヒーターの上に座ったり……ノボルは特に炭水化物に反応するのです)。

ノボルは7.8キロという巨大児なので、付きまとわれた妻は本当に鬱陶しそうだった。

そんな時、「猫が喜ぶDVD」をかける。

すると、ノボルはテレビの前に吹っ飛んで行くのだ。

僕は月に二度ほど、肺魚の水槽の掃除と水換えをする。

この時もノボルが邪魔をし、極めて鬱陶しかった。

けれど、「猫が喜ぶDVD」を購入してからは、この鬱陶しさからも解放された。

そうです。今ではこの DVDは、我が家の宝物なのであります。「猫が喜ぶDVD2」が出ないかな?

いつもの通り、つまらない話でした。

いやーっ。猫って、本当に馬鹿馬鹿しい生き物ですね。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ