Diary 雑記

134:10キロ猫への道

  • クリスマスイヴ
  • ハンサムでしょう
  • 何だ、これは
  • 目が覚めました
  • 正月も寝てばかり
  • ジョウロの水は美味い
  • 三日の朝

年末にはいつも、猫どもの体重を計っている。

大晦日の「お菊」の体重は3.9キロ。実に久しぶりの3キロ代である。

年を取った猫の体重が落ちるのは、あまりよくないらしい。

だが、ノボルが来るまでの「お菊」はいつも3キロ代の半ばだった。だから、まあ、これでいいだろう。

問題はノボルである。

「メタボリックス」という高価なダイエットフードしか食べさせていないというのに、ノボルの体重はついに8.9キロになってしまったのだ!!

これには驚いた。妻とふたりで顔を見合わせた。

あと100グラムで9キロだ。そして、このままのペースで体重が増え続けたら、間もなく10キロ猫になってしまう。

ノルウェージャン・フォレストキャットは大きくなる。だから、ノボルの体重が重たいのはしかたがない。

僕たち夫婦はずっとそう考えようとしていた。

けれど、「世界猫種大図鑑」によれば、ノルウェージャン・フォレストキャットの平均的な体重は4キロから6.5キロだというではないか!!

ノルウェージャン・フォレストキャットの平均と比べても、ノボルは重たい。明らかに重たすぎる。

思えば、我が家を訪れた人々がノボルを見て真っ先に口にするのは、「でかい」「大きい」というセリフである。

さらにいろいろと調べてみると、あまりに太った猫は、人間と同じように糖尿病になったり、足腰を痛めたりと、中高年になってからいろいろな問題が出て来るらしい(抱っこ好きのノボルをいつも抱いている妻は、「腰が痛い」と訴えています)。

うーん。どうしたらいいんだろう?

けれど、妻にも僕にも、とんと妙案が見つからないのであります(おやつは食べさせていないし、人間が食べているものを与えたりはしていないのですよ)。

僕の予想では、今年の末にはノボルは10キロ猫になっているはずです。

困ったなあ。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ