Diary 雑記

135:ノボルの兄さん

  • 執筆中の僕の右側
  • こんな格好で眠ります
  • 真下は僕の机です
  • パトロール中
  • 冬の日だまり
  • 後ろから失礼
  • こっち向いて!!

少し前、千葉県に暮らすSさんという女性からホームページ経由で初めてメールをいただいた。

そのメールによると、なんと、Sさんはノボルの兄を飼っているというのだ。

お医者さんの奥さんで、ノルウェージャン・フォレストキャットのブリーダーをしているOさんに聞いた話では、ノボルの父は「キャラメル」で、母は「パフェ」という名だ(Oさんは自分のところで生まれた猫たちに、甘いものの名前を付けています。すでに何度か書きましたが、ノボルの幼名は「ジャム」であります)。

ノボルはパフェの二度目の出産の子で、僕にメールをくれたSさんの猫、「オリバーくん」はパフェの最初の出産で生まれた子のようだった。

つまり、オリバーくんのほうがノボルより半年ほど早く生まれたのだ(僕たちも血統証を引っ張り出しました)。

Sさんからのメールにはノボルの兄、オリバーくんの写真が何枚か添付されていた。

おおっ!! これがノボルの兄さんか!!

オリバーくんの毛色はノボルとそっくりだった。だが、ノボルとは違い、オリバーくんは四本の脚に白いソックスを履いていた。さらに、オリバーくんは首に白いマフラーを巻いていた(体重は7キロ半で、9キロ超えのノボルより少し小さいようです)。

写真を見る限り、オリバーくんはとても目が大きくてハンサムだった。

僕はすぐにその写真を妻に見せた。

「これがノボルのお兄さんなの?」

思った通り、妻は大興奮である。

その日の我が家は、オリバーくんの話題で持ち切りとなった。つまり、オリバーくんとノボルでは「どちらがいい男なのか」ということである。

前述したように、オリバーくんは大きな目をしている。そして、目鼻立ちがはっきりとしている。人間でいえば、「濃い顔」である。

それに対してノボルは、切れ長の目をしていて、とても涼しげな表情である(妻はいつも、「ダルビッシュに似ている」と言ってます)。

妻は「ノボルのほうが断然、かっこいい」と断言した。

だが、妻の姉は「オリバーくんのほうが美男子かも」と言った(僕は義姉にオリバーくんの写真を転送しました。Sさん、お赦しください)。

義姉は顔の濃い男が好きで、最初の夫も今の夫も、どちらも九州男児である。

さて、僕はといえば……ノボルのほうが、オリバーくんよりかなり美男子なのではないかと思っている(角川ホラー文庫編集長の野崎智子さんにも「いい男!!」と言われました)。

Sさんの許可をいただいていないので、オリバーくんの写真は掲載しませんでしたが、読者のみなさんはどう思うんだろうなあ?

今回はいつにも増して、馬鹿馬鹿しい話になってしまいました。ごめんなさい。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ