Diary 雑記

137:オリバーくんも小麦粉が好き

  • 花盛りのテラス
  • 怖いぞっ!!
  • 前後に猫
  • さて、寝ます
  • ペロリン
  • ハエだっ!!
  • きょうの昼寝は二階のようです

先月のこのコーナーで、ノボルが小麦粉好きだと書いたら、さっそく千葉県に暮らすSさんからメールが届いた。

Sさんの飼い猫オリバーくんは、ノボルより半年先に生まれた実の兄である。

そのSさんによると、ノボルの兄のオリバーくんも小麦粉が好きなそうだ。よって、Sさんは小麦粉を使った料理をする時には、オリバーくんに邪魔をされて大変な苦労をしているということだった。

「オリバーもすごく鬱陶しいんですよ」

そんなことをSさんはメールに書いてきた。キッチンに飛び乗り、シンクの縁を歩いているオリバーくんの写真も送ってきた。

ノボルと同じく、オリバーくんはパンも大好きならしい(ただ、ノボルとは違ってオリバーくんは高級なパンにしか興味がないそうです)。

オリバーくんやノボルがパンが好きな理由を、Sさんは二頭の生まれ育った環境にあるのではないかと推理していた。

オリバーくんとノボルのブリーダーは、Oさんというお医者さんの奥様なのだが、この人の家のすぐ隣がパン屋で、Oさんの家にはいつもこのパン屋から芳ばしい香りが入って来るというのだ。

「ノボルくんとオリバーはきっと、このにおいを嗅いで育ったから、パンのにおいが懐かしいんだと思います」

それがSさんの推理である。

幼い時に嗅いだにおいに引き寄せられるなんて、生まれた川に戻る鮭みたいにロマンチックな話である。

Sさんはオリバーくんのほかにもう一頭のノルウェージャンフォレストキャット(ノボルとは血縁関係はありません)を飼っている。だが、こちらは小麦粉にはまったく興味がないのだそうだ。

ということは、Sさんの推理は、案外、正しいのかもしれない。

いずれにしても、Sさんの家ではパンを食べる時にはのんびりとしていられず、ご夫婦でオリバーくんと競うようにして、ゆっくりと味わうこともなくガツガツと食べてしまうのだそうだ。

そういうところも我が家とそっくりである。

オリバーくんやノボルのほかの兄弟姉妹はどうなのだろう?

やっぱりパンや小麦粉が大好きなのかな?

今度、Oさんにメールしてみることにします。

読者のみなさま、毎回、毎回、バカバカしい話で済みません。猫の話って、どうしてもバカバカしくなってしまうのですよ。にゃーお。

 

追伸/ベストセラーになっている「女性自身」の別冊、「ねこ自身」を、光文社文庫の担当者が送ってくれました。これもかなりバカバカしい内容ですが、僕はパソコンのすぐ脇に「ねこ自身」を置き、飽きることなく、一日に何度も眺めています。猫って、腹が立つくらい呑気でいいですね。もう一度、にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ