Diary 雑記

140:月末のご馳走

  • 猫の絵を掛けました
  • 何だかだるい
  • 歯は綺麗です
  • ノボルは二階です
  • 最近の「お菊」は屋上が好き
  • 美男子だなあ!!
  • 重たいにゃん

何度も書いてきたように、我が家の猫どもは太っているので、「メタボリックス」というダイエット用の高価な餌を食べさせている。

このダイエットフードは動物病院でしか売っていないない。それで面倒だが、僕たちはいつも月初に町田市にある「さとう動物病院」に行き、4キロ入りのメタボリックスを買っている(4キロで8500円もするんですよ!!)。

昔は4キロ買えば、一ヵ月は保った。

けれど、ノボルの巨大化に従って、4キロでは足りなくなった。月末、26日か27日になると、袋の中が空っぽになってしまうのだ。

しかたなく、4月までは月末にも「さとう動物病院」に行った。そして、2キロ入りのメタボリックスを買っていた。

だが、横浜市青葉区の自宅から町田市成瀬の「さとう動物病院」までは車で20分以上かかるから、面倒になって(僕たち夫婦は意外と忙しいのです)、5月末は自宅からすぐのところにあるコンビニエンスストアでものすごく安い固形飼料を購入した(メタボリックスの5分の一以下の価格でした)。

「猫たちにも我慢してもらいましょう」

申し訳なさそうな顔をして妻が言った。

僕も少し、猫どもに対して申し訳ないような気分になった。手間とお金を惜しんで、ジャンクフードを与え、猫どもの健康を犠牲にしているような気がしたのだ。

けれど、実際にその安い餌を与えてみると……なんと、なんと、猫どもは歓喜してガツガツと食べ始めたのだ。

その勢いは今までに見たことがないほどで、まさに「貪る」という感じだった。

うーん。やはりジャンクフードは口当たりがいいのか、それとも、メタボリックスには飽き飽きしていたのか……それは定かではないが、先月末の猫どもはコンビニエンスストアの安物の餌を大量に消費し、二頭とも極めて満足げな顔をしていた(満足げな顔は飼い主にはわかります)。

「こんなに喜ぶんだったら、来月からはこの餌にしましょう。家計も助かるわ」

笑いながら妻は言った。

そんなわけで、一昨日も僕たち夫婦は近くのコンビニエンスストアで同じ餌を買って猫どもに与えた。すると猫どもは先月と同じように、猛烈な勢いでその餌を貪ったのだ。

その餌はカロリーが高くて、猫どもはさらに太りそうですが……まあ、月末の楽しみということで、大目に見ましょう。

でも、ノボルがこれ以上太ったら、抱くのが大変そうだなあ。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ