Diary 雑記

144:キャットフード選びが難しい

  • 仲良く昼寝
  • ライトフードはまずい
  • 睡魔に耐えてます
  • 手前はノボルの下半身
  • 寒さには強いぞ
  • レモングラスがお気に入り
  • 急接近!!

猫どもの餌を動物病院でしか買えない高価な「メタボリックス」から、どこでも買えて安価なヒルズの「ヘアボールコントロール・ライト」に切り替えてから二ヶ月が過ぎた。

心配した体重の急激な増加もなく、まずは一安心というところである(「お菊」は3.6キロ、ノボルは9キロ半をキープです)。

けれど、この二ヵ月はいろいろと大変だった。

「ヘアボールコントロール・ライト」はかなり不味いようで、猫どもの食欲ががくっと落ちたのだ。

僕は「しめしめ」と思った。「これならきっと、ノボルも痩せるぞ」と。

けれど、妻はそうではなかった。

「不味い餌ばかり食べさせるなんてかわいそう」

妻はそう考えたのだ。

言われてみれば、その通りだ。猫の寿命は長くはないのだから、せめて生きているあいだぐらいは、美味しいものを食べさせてやりたい。

それで僕たちは自宅近くのホームセンターに出かけて行き、もっと美味しくて、太らない餌はないものかと探し、とあるメーカーの「避妊・去勢をした猫用」というキャットフードを買った。

「お菊」は避妊しているし、ノボルは去勢猫だから、ちょうどいいと考えたのだ。

さて、自宅に戻ってこの餌を猫どもに与えると、喜ぶ、喜ぶ!!

二頭は奪い合うように、ガツガツと貪り食った。

「よかったね」

嬉しそうな猫どもを見た妻も、とても嬉しそうだった。僕ももちろん、嬉しかった。

けれど、これで「めでたし、めでたし」とはならなかった。餌を切り替えた翌日から、お腹の弱いノボルがひどい下痢をし始めたのだ。

「やっぱりダメだったか」

そう思った僕たちは、キャットフードを「ヘアボールコントロール・ライト」に戻した。

これでノボルの下痢は治まったのだが、もったいないことに、買ったばかりの「避妊・去勢をした猫用」のキャットフードが大量に残ってしまった。

残った餌をどうしよう?

夫婦で相談した末に、ノボルが眠っている隙に、あるいは、僕がノボルを連れて屋上やテラスにでているあいだに、妻が「お菊」に「避妊・去勢をした猫用」を与えることにした。

この餌は本当に美味しいようで、「お菊」はガツガツと貪り食った。

だが、またしても問題が起きた。ある日、僕たちがスポーツクラブから戻ってみると、リビングルームの床がうんこまみれになっていたのだ。それだけでなく、「お菊」の尻の周りもうんこだらけだったのだ。

そう。今度は「お菊」が下痢をしたのだ。

この後始末は本当に大変だった。床は拭けばいいのだが、長毛種である「お菊」の尻の汚れを完全に拭い取るのは本当に手間と時間がかかった。

というわけで、僕たちは「避妊・去勢をした猫用」を与えるのをやめて、「ヘアボールコントロール・ライト」だけを与えることにした。

この餌は本当に不味いらしく、猫たちは「嫌々」という顔をしながら食べている。

その顔を見ると僕も辛いが、「避妊・去勢をした猫用」を与えれば、また下痢をするに決まっているから、心を鬼にするしかなかった。

そんなわけで、猫たちはきょうも顔をしかめながら、「ヘアボールコントロール・ライト」を食べているのであります。

どこかに、美味しくて、太らなくて、下痢もしない餌はないかなあ(安くて健康にいいなら、なおいい)。

ホームセンターに足を運ぶたびに、僕たちはそんなことを考えているのであります。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ