Diary 雑記

148:最高体重更新中!!

  • 早春の朝日
  • 午後は眠たい
  • 最高体重更新中!!
  • 角川書店の野崎さんにべったり
  • 日だまりの「お菊」
  • 野崎さんの後ろにノボルがいます
  • 仲良く寝ます

猫の餌のことばかり書いて恐縮なのだが……ここ数ヵ月に亘って猫どもに与えているヒルズの「ヘアボール・コントロール・ライト」は本当に不味いようで、猫たちはあまり餌を食べなくなった。

食べなくなったものだから、ちょっと前にはノボルの体重も8.8キロにまで減少した。ダイエット成功である。

けれど、とても不味そうな顔をして餌を食べている猫どもを見ていると、ちょっとかわいそうになる。人間とは違って、猫どもには楽しみの数がそんなに多くないのだ。

「ちょっと餌を替えてみない?」

今回、そう言い出したのは僕だった。

だが、妻も同じ考えだったらしく、すぐに僕の提案に同意してくれた。

それでは、どんな餌を与えればいいのか?

何度か書いて来たように、ノボルはお腹が弱く、ささいなことで下痢をする。

最近は「お菊」もそれほどお腹が強いとは言えず、年に何度かは下痢になる。

なので、あまり別のものに替えるのはよくないだろう。

そう考えた僕たちは同じヒルズ社の「ヘアボール・コントロール・シニア」を選ぶことにした。

6歳以上の猫用である。

「お菊」もノボルも4月生まれで、4月に「お菊」は13歳に、ノボルは5歳になる。

だとしたら、シニア・フードはいいような気がしたのだ。

だが、「ヘアボール・コントロール・シニア」を買って自宅に戻ったとたんに、以前、まったく同じものを購入したことがあったことを思い出した。

あれは今から6~7年前、「お菊」が6歳か7歳の頃のことで、「年を取ってきたから、そろそろシニア・フードに替えてみよう」と夫婦で話し合った結果だった。

けれど、この「ヘアボール・コントロール・シニア」は「ヘアボール・コントロール・ライト」に比べると見た目も触った感じもかなり脂っぽい。

案の定、あの時にはそれを食べた「お菊」がぶくぶくと太り始め、僕たちは慌ててまた「ヘアボール・コントロール・ライト」に餌を戻したのだ。

今回も同じ結果になるのかもしれない。

そんなことを危惧しながら、僕たち夫婦は猫どもに「ヘアボール・コントロール・シニア」を与えた。

6~7年前には肥満化した「お菊」は、今回は大丈夫だった。1ヵ月以上が過ぎた行くも、彼女の体重に変化は見られない。

だが、ノボルはそうではなかった。ノボルのやつは、脂っこい「ヘアボール・コントロール・シニア」を貪るように食い、ぶくぶくと太り始めたのだ。

その結果、8.8キロだったノボルの体重は、9キロ半を超えてしまった。

過去最高体重である。

これではいかん!! このままだと、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病になってしまう!!

びっくりした僕たちは、慌てて餌を「ヘアボール・コントロール・ライト」に戻したのであります。

それなのに……一度、甦ったノボルの食欲は衰えることなく、彼はきょうもパサパサの「ヘアボール・コントロール・ライト」を貪るかのように食べているのであります。

来月の今頃には、ついに10キロ猫になっているかもしれません。どうしたらいいのでしょう? 困ったなあ。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ