Diary 雑記

149:ラジオ体操が好き

  • 僕らは間もなく夕食です
  • 眠る「お菊」
  • 今も美人でしょう
  • 虫だっ!!
  • お尻のにおい、嗅がせて
  • 電線に鳥が来てます
  • 手前はノボルの尻尾です

Eテレで毎日、早朝の時間帯に「テレビ体操」という10分間の番組を放送している。

レオタード姿の女性インストラクターたちと一緒に、「みんなの体操」と「ラジオ体操」という2種類の体操をするという番組である。

もう5年以上前から、僕たちは昼の食事(朝食も兼ねています)の前に録画しておいた「テレビ体操」を見ながら、テレビの前で体操をしている。

老人たちのようではあるが、体の硬い僕にとっては、これがなかなか気持ちいいのである(あまり人には見られたくはありませんけど)。

番組は「みんなの体操」から始まる。

この「みんなの体操」のゆったりとした音楽が流れ始めると、眠っていたはずのノボルが「ニャー、ニャー」と喋りながら、どこからともなく登場するのだ(この時間、ノボルはたいてい眠っているのです)。

あくびとともに現れたノボルは、たいていは僕の足元にごろりと寝転がり、さらに「ニャー、ニャー」と喋る。

これは「いじって。いじって」という意味である。

しかたなく、僕は体操をしながら、爪先でノボルをつついたり、体を折り曲げてノボルの体に触ったりしてやる。

ただ、それだけのことなのだが、ノボルにはそれが嬉しくてならないのである(ものすごい音を立てて喉を鳴らします)。

ノボルをかまっていると、ほとんど体操ができない(ノボルの被害を受けない妻は、真面目に、ちゃんと体操をしています)。

それでも、僕は辛抱強く、体操をしながら、ノボルをかまってやる。

こんなことが毎日のように繰り返される。

僕たち夫婦はたいてい午後6時半頃、青葉台駅のプラットフォームの真上にあるフィットネスクラブに行っている。

だが、雨の日にはさぼることが多い。

そういう日の僕たち夫婦は、運動不足の解消のために、夜にも録画しておいた「テレビ体操」をする。

すると、また眠っていたはずのノボルがどこからともなく現れるのである(触られるのが嫌いな「お菊」はまったく反応しません)。

しかたなく、体操のあいだずっと、僕はノボルをかまってやる。

おかげで僕はちゃんと体操ができなくなってしまったのです。

はい。今月はただそれだけの話です。いつも馬鹿馬鹿しくて、ごめんなさい。

猫って、本当に馬鹿馬鹿しい生き物なのですよ。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ