Diary 雑記

18:相変わらず何もない

  • 寝てる
  • やはり寝てる

そうなのである。

相変わらず、「お菊」については書くことが何もないのである。

4月15日の「お菊」の2才の誕生日に、大好きな生クリームをちょっとなめさせてやったぐらいである。

あとは毎日毎日、同じことの繰り返しである。

「お菊」は一日の大半を寝て過ごし、ほかの時間はベランダを見張るか、身体をなめるかしている。彼女がするのは、それだけである。

繰り返し、繰り返し、繰り返し・・・。

それでも、僕は最近、何もない猫との暮らしも悪くないものだと思い始めている。

そう。何もないというのは、いいことだ。

きょうはとてもいい天気だ。風もなくて、暖かい。

窓の外では新緑が眩しいほどに輝いている。

僕はコーヒーカップを持ってベランダに出る。そして、窓辺で日光浴をしている「お菊」を眺めながら、ゆっくりと煙草をふかす。

コーヒーがおいしい。風が気持ちいい。

思い返せば、パグ犬のピーナッツは小さな頃から病弱だったから、13年間、身体の心配ばかりしていた。けれど、「お菊」が獣医に行くのは年に1度の予防接種だけである。

ピーナッツは怪我ばかりしていたが、「お菊」が血を流しているのを見たことは一度もない。

平凡で、ありきたり。

だけど、幸せ。

ああっ、何もないというのは、本当に素敵なことだ。

これからも、「お菊」との平凡な暮らしがずっと続けばいいな。いつまでも、いつまでも、続けばいいな。

こんなことを考える僕は、今ではすっかり「猫派人間」である。

「犬派」のみなさま。「犬派」から「猫派」へと、こんなにも簡単に転向してしまった僕を許してください。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ