Diary 雑記

19:トラブル発生!!

  • びっくり眼
  • 日だまりで
  • 箱が好きだ
  • 狭いところが好き

ワンパターンで代わり映えのしない「お菊」の日常が続き、このままではこのコーナーは廃止だ、と思っていたら・・・トラブル発生だ。

「お菊」がゲロを吐いたのである。

それまでは吐いたことなど、ただの1度もなかったというのにである。

それも1回だけではない。最初に餌を吐いたあと、黄色い胃液を何回にもわたって吐いたのだ。

さらに、あれほどガツガツしていた「お菊」が餌を食べなくなったのだ。

「どうしよう!!」

愛犬のピーナッツが死ぬ前に餌をまったく食べなくなったことを思い出し、妻も僕も激しく動揺した。

特に僕は、いつもこのコーナーで「お菊」をさんざんバカにしていたから、罰が当たったかと思って青ざめた。

僕たちはすぐに「お菊」を車に乗せて掛かり付けの「あさひ動物病院」に向かった。

「何か悪い病気だったらどうしよう?」

「ピーナッツみたいに死んでしまったらどうしよう?」

妻も僕も後ろ向きな、マイナス思考の人間である。

病院ではふたりの女性助手が「お菊」を診察台に仰向けに押さえ付け、医師が腹部をいじりまわした。さらに口を無理やり開けさせて、嫌がる「お菊」の喉の奥を覗き込んだ。

「うーん。毛玉だな」

それが医師の結論である。

要するに、今は換毛期で、異様に毛が抜け、それを「お菊」がなめることによって、大量の毛玉が胃の中に溜まっているらしかった。毎日のコーミングは欠かさないつもりだったが、「お菊」のような長毛種では、それだけでは抜け毛が取り切れていないようだった。

「大丈夫。胃の中の毛を溶かしちゃおう」

 医師はそう言ってチューブの薬をくれた。

本当に大丈夫なのかな?

僕たちは半信半疑だった。

だが、その薬が効いたのか(おいしい薬のようで、「お菊」はよろこんでペロペロなめた)、その日のうちに大量の毛の混じったうんこが出た。

そして、翌日には「お菊」も食欲を回復した。吐き気もすっかりなくなったたようだった。

僕たちは胸を撫で下ろした。

そして僕は、何もないワンパターンな日々がどれほど貴重だったかを、改めて実感した。

何もないというのは、本当にありがたいことだ。

これからは、あんまり「お菊」の悪口を書くのはやめよう。でも、「お菊」を見てると、ついつい悪口を書きたくなるんだよなあ。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ