Diary 雑記

21:健康診断

  • だらしないなあ
  • ベッドの上で
  • トンネル入り口
  • 菊トンネル

ワクチンの接種を兼ねて、「お菊」を行きつけの「あさひ動物病院」に連れて行った。

かつての「お菊」は恐れを知らない猫だったのだが、今ではすっかりひ弱になって、ほかの犬猫の集う場所では怯えてしまって、まるでブローチのように主人の身体にしがみつきっぱなしである。

あーあ。どうしてこんなにまで、ひ弱になってしまったのだろう?

さて、診察である。

「お菊」の身体に触った瞬間、獣医師が言った。

「太ってるなあ!!」

体重は3,9キロ。わかってはいたが、やはり「お菊」はデブである。

理由もわかっている。餌は標準よりかなり少なめに与えているのだが、まったく動かないから太るのだ。

「お菊」の1日あたりの歩行距離はたぶん50メートル・・・いや、30メートルにも満たないはずだ。

「お菊」はいつも寝転がっていて、ここ何週間か、僕は彼女がまともに歩いているのを見た記憶がない。

その後、体温を計った。すると、熱が40度を超えていた。

「暑いから体温も高いんでしょう?」

妻が平然と言った。

そう。猫の平均体温は38度だというが、僕たち夫婦は心配はしていなかった。「お菊」は食欲もあるし、元気一杯に思えたから。

だが、やはりこんなに熱が高いというのは異常なことのようで、血液検査をすることになった。

で、その結果。

「お菊」の血液はドロドロで、メタボリックシンドロームの一歩手前だということが判明した。

つまり成人病・・・いや、成猫病予備軍なのだ。

まだたった2才なのに・・・。

熱のほうは問題はなさそうだったが、メタボリックシンドロームのほうは問題である。

「どうしたらいいんでしょうか?」

「運動させてください」

医師の言葉は簡潔である。

しかし、運動させろと言われても・・・どうしていいのか、まったくわからない。犬のように首にヒモをつけて散歩をさせろというのだろうか?

とりあえず、ただでさえ少ない餌の量を、さらに減らすことにした。ヒルズのサイエンスダイエット・ヘアボールコントロールを1日に45グラム。

それが1日に彼女が口にする餌のすべてである。おやつなど、もってのほかだ。

おかげで「お菊」は、いつもお腹を空かせている。

可哀相だけど・・・しかたないのかなあ?

読者のみなさま、「お菊」に運動をさせるいい方法があったら教えて下さい。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ