Diary 雑記

22:歌う

  • また見張り
  • 足にじゃれつく
  • なぞの生物

「お菊」の朝は早い。

だいたい4時には目を覚まし、眠りについたばかりの妻か僕に餌をねだる。

しかたなく僕たちはベッドから起きだし、ふらふらになりながらも餌をやる。

ベッドに戻って再び眠りにつこうとしていると、「お菊」が餌を食べるカリカリという音が聞こえる。

そのまま僕たちが眠りに落ちようとした瞬間・・・それが突然、始まる。

「にゃーおー、にゃーおー、にゃーおーーーーー」

餌も食べたというのに、どういうつもりだ?

うるさくて眠ることもままならず、僕は「お菊」の様子を見に行く。

すると「お菊」は気持ち良さそうに床に長々と伸びて、「にゃーおー、にゃーおー、にゃーおーーーーー」と、澄ました顔で鳴いているではないか。

理由はわからない。

このごろ「お菊」は、特によく鳴く。

「にゃーおー、にゃーおー、にゃーおーーーーー」

妻の観察によると、「お菊」が鳴くのはたいてい、気持ちがいい時、あるいは気分がハイな時のようである。

そういえば、読者からいただいた玩具で狂ったように遊びながら、「にゃーおー、にゃーおー、にゃーおーーーーー」と鳴き続けていたのを僕も覚えている。

気持ちがいい時に激しく鳴く。

僕たちはその不可解な現象に、「歌っているのだ」という仮説を立てた。

つまり、気分の高揚した酔っ払いが大声で歌を歌いながら、千鳥足で深夜の道を家に帰る時のような感じである。

僕たちの仮説は、果たして正しいのだろうか?

「我が家の猫もそうだ」という読者のかたがいたら、ぜひ、教えて下さい。

とにかく、うるさくてたまりません。

「お菊」には卵巣がないので、発情期というわけではないと思うのですが。

猫と暮らして2年。僕たち夫婦には、その生態はいまだに謎なのである。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ