Diary 雑記

23:猫鏡

  • くんくん
  • 振り向き美人
  • 隣のマンションを見張る

10月が来ると、「お菊」は2才半になる。

2才半。もし、猫の寿命を10年だと考えると、すでに彼女は人生の4分の1を生きたということになる(猫の人生という言い方は変ですが、無視してください)。

猫の2才半が人間の何才に相当するのかは知らない。だが、もはやコムスメという年ではないはずだ。

その人生の4分の1の時間で彼女がしたことと言えば、食べることと寝ること、外を見張ること、それに身体をなめることぐらいである。

食べて、寝て、外を見張って、身体をなめる・・・食べて、寝て、外を見張って、身体をなめる・・・毎日毎日、ただその繰り返してある。

確かに「死人を恋う」の石原や、「復讐執行人」の草野は無為で変化のない人生を送って来た。だが、「お菊」の人生に比べれば、彼らの人生にしたって激動の連続である。「おいっ、このまま人生が終わってもいいのか?」

僕は「お菊」にきく。

もちろん、「お菊」は答えない。面倒臭そうに僕を見つめ、あくびするぐらいである。

ああっ、たった一度きりの貴重な生の時間を、こんなふうに無為に過ごし、無為に終わらせてしまっていいのだろうか?

だらしなく床に横たわる「お菊」を見ながら、僕は最近、しばしば思う。

最近?

そう。以前はそんなふうには思わなかったのに、最近はなぜか、強くそう思う。

なぜだろう?

もしかしたら、猫とは鏡のようなものなのではないか? まるで鏡のように、見ている人間の心情を映すのではないか?

「このままでいいのか?」という問いかけは、実は「お菊」にではなく、僕が自分自身に発しているのではないか?

ちなみに妻に、「菊の人生をどう思う?」ときいたところ、返って来た答えは「楽しそう」であった。

楽しそう?

むむむ。「猫鏡」に映った妻の人生は楽しく、僕の人生は無為で空虚なのだろうか?

ああっ、僕はこのままでいいのだろうか?

・・・・などとバカバカしいことを考えている僕は、実はただ、執筆に行き詰まって、うじうじしているだけなのです。

今回は、ただの泣き言でした。すみません。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ