Diary 雑記

24:怪しい関係

  • 恐る恐る玄関を出る
  • 盆栽に興味津々
  • カーテンの陰から
  • 気侭

「お菊」のやつはずっと妻には懐いていたが、僕には懐いていなかった。

というか・・・どちらかと言えば、僕のことなんか大嫌いみたいに感じられた。

妻が抱くと、ごろごろと喉を鳴らすのに、僕が触るとぴたりとやめる。

妻がパソコンに向かっている時にはキーボードの上を歩き回るのに、僕のパソコンやワープロの周りには寄り付かない。

間違いない。年頃の娘が父親を嫌うように、「お菊」のやつは僕を嫌っていたのである。

まあ、いいや。猫になんか好かれなくたって、かまわないや。

僕もそう思っていた。

ところが、最近の「お菊」はちょっと様子が違うのである。

毎朝、眠っている僕の顔をなめて起こし、餌をねだる。

朝食のあとは、眠り続けている僕の布団の上に乗り、僕の足のあいだの窪みにうずくまって眠る。

昼間も僕のそばにいつもいて、僕が立ち上がるたびに遊んでくれとせがむ。

外から帰宅すると、僕の足にまとわりつく。

僕が床に座って仕事をしていると、その膝に乗って来て、そこで眠ろうとする。

そんなふうに懐かれると僕も嬉しくて、ついつい「お菊」を抱いたり、撫でたりする。

つまり、いちゃいちゃしているのである。

そんな僕と「お菊」を見た妻が言った。

「何だか、怪しい関係」

そうなのである。いつの間にか、僕と「お菊」は、まるで愛人関係のような、人目を忍ぶ「怪しい関係」になってしまったのだ。

さて、こうしている今も、「お菊」は僕の足元にうずくまり、僕の足を噛んだりなめたりしている。

別に隠す必要もないのだが、僕は妻の目を忍んで、こっそりと「お菊」の顎の下を撫でたりしているのである。

ああっ、猫って、なんて可愛いんだろう!! にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ