Diary 雑記

25:群れる

  • 爆睡!!
  • 何か見つけた
  • 朝日を見る
  • だっこ

前回のこのコーナーでも書いたように、最近の「お菊」は僕によく懐いている。だが、変わったのはそれだけではない。

最近の「お菊」は単独性から群れ性へと変化しているようなのだ。

繰り返し書いて来たように我が家は1LDKで、寝室のほかにはひとつの部屋しかない。だが、これまでの「お菊」は、夫婦がリビングダイニングキッチンにいる時は寝室に、夫婦が寝室にいる時はリビングダイニングキッチンに、1匹だけでいることが多かった。

朝(といっても11時頃だが)、夫婦が目を覚ましてリビングダイニングキッチンに行くと、「お菊」は入れ代わりに寝室に行く。夜、夫婦が寝室に行くと、今度は「お菊」は入れ代わりにリビングダイニングキッチンに向かう。2年ほどそんな日々が続いていた。

けれど、最近の「お菊」はそうではない。

夜は夫婦と一緒に寝室に行って、ベッドの上(掛け布団の上)で寝るし、夫婦が起きてリビングダイニングキッチンに行くと、一緒に起きてリビングダイニングキッチンに行く。

つまり、犬のように、いつも夫婦と一緒にいたがるのである。

以前は夫婦が帰宅しても、決して出迎えには来なかった。

だが、最近は、帰宅してドアの外から「菊」と名前を呼ぶと、玄関で「にゃー」と返事をする。そして、夫婦が玄関を開けて室内に入ると、その足にまといつき、床に転がってじゃれるのである。

「お菊」が変わったのは、夫婦への態度だけではない。

以前は来客があると、どこへともなく姿をくらませ、客が帰るまでは決して姿を現わさなかった。けれど、最近はそうではない。来客なんて、へっちゃらである。それどころか、先日は宅配便のおじさんをいち早く玄関に出迎え、その人に「よし、よし」と頭を撫でられているのである。

その上、最近は、仕事中の僕にちょっかいを出し、遊んでくれとしきりにせがむ。夫婦が並んでソファに座ると、その真ん中に割り込もうとする。それはまるで、かつてのピーナッツを見ているようだ。

そうだ。明らかに「お菊」は変わったのだ。理由はよくわからないが、単独性から群れ性へと変化したのだ。

もともとが「犬派」である夫婦にとって、それは嬉しい変化である。

このままずっと、群れ性でいるといいんだけど・・・でも、猫は気まぐれだから、どうなることやら? にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ