Diary 雑記

30:猫VS猫

  • いじけた後ろ姿
  • 戦いながらコーミング
  • コーミング中

パソコンに向かって仕事をしている。

あっ。

突然、足首を鋭い痛みが襲う。

見ると、「お菊」が逃げて行く。シッポをピンと立てた後ろ姿が見える。

「お菊」のやつが、僕の足首に噛み付いて逃げたのだ。

畜生っ。

だが、猫になんて関わっている時間はない。

僕は再び仕事に戻る。

しばらくすると・・・また、足首を痛みが襲う。

あっ。

振り向くと、また「お菊」が逃げていく後ろ姿が目に入る。

「お菊」のやつ!!

僕はまた仕事に戻る。だが、今度は本当は仕事はしていない。そのフリをしているだけだ。

足音を忍ばせて「お菊」が近づいて来る。

僕のすぐ脇で身を屈め、僕の隙をうかがっている。

「お菊」が足首にアタックして来た瞬間、僕は「お菊」を捕まえる。

床に押さえ付けて、こらしめる。

だが、「お菊」は嫌そうではない。それどころか、何だか嬉しそうだ。

これでは、懲らしめていることにならない。

案の定、5分もたたないうちに「お菊」は足音を忍ばせて近づいて来る。そしてまた、僕の足にアタックするチャンスをうかがっている・・・。

仕事中、「お菊」と僕は1日中こんなバカバカしいことを繰り返している。

「お菊」は妻には、ちょっかいを出さない。「お菊」のターゲットは僕だけである。

妻に言わせると、最近、「お菊」のやつは、僕のことを人間ではなく、猫だと思っているらしい。猫と猫がじゃれ合うように、僕とじゃれようとしているのだ、と。

妻はさらに、「お菊」が僕を見る目は、「お菊」が妻を見る目とまったく違うと言う。

妻を見る時には「お菊」は甘えた顔をするらしい。だが、僕を見る時には「ふざけようとしている目をしている」のだそうだ。

確かにそれは僕も感じる。僕を見る「お菊」の目、それは猫が猫を見る目だ。

そうだ。「お菊」は間違いなく僕を同類だと考え、ふざけ合い、じゃれ合おうとしているのだ。

うーん。ついに僕は猫と同等にまで落ちてしまったのか・・・。

と、思いつつも・・・「お菊」がこっそりと近づいて来るたびに、反射的に僕はその「おふざけ」の相手を努めてしまうのである。

あーあ。いつから僕はこんな人間になってしまったのだろう? にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ