Diary 雑記

31:続・猫VS猫

  • 接近する
  • ヨガのポーズ
  • 何かいた

昔からのいちばんポピュラーな遊びは、「追いかけっこ」である。

僕が追い掛け、「お菊」が逃げる。僕が追い掛けるのをやめると、「お菊」はすでに僕の後ろにいる。それで僕はまた追い掛ける。ただ、これだけの、きわめてバカバカしい遊びである。僕にとっては退屈この上ない。

最近の「お菊」のブームは「お手付き遊び」である。

この遊びのルールも極めて単純である。

まず、「お菊」と僕は向かい合う。

で、最初に僕が指先で「お菊」の前足の毛を床にぎゅっと押し付ける。

「お菊」の足はどれも、長い毛に覆われていのるで、そうすると前足の自由が利かなくなるのだ。

「お菊」は「にゃーにゃー」と騒がしく喚きながら、必死で前足を僕の指の下から引き抜く。そして、その仕返しに、僕の指を前足でパシッっと叩くのである。僕が指を伸ばす。「お菊」はその指を、前足でパシッと叩く。僕は指を引っ込める。

「お菊」はその指を追って来る。僕が指を伸ばす。「お菊」がまた前足で、それをパシッと叩く。僕が指を引く。「お菊」が追い掛ける。

3分も続けると、僕はバカバカしくなる。

だが、「お菊」はバカバカしくならないらしい。いつまでも、この無意味な「お手付き遊び」を続けたがるのである。

このバカバカしさの連続が、猫との暮らしです。やれやれ。やっぱり犬でも飼おうかなあ?

ところで、前回のこのコーナーで、「お菊」が僕にじゃれようとしているみたいなことを書いた。すると、読者の方から「そうではない」というメールをいただいた。

その人によると、「お菊」のやつは僕に遊んでもらおうとしているのではなくて、僕を遊んであげようとしているというのだ。

「おキクちゃんはきっと、大石さんのことを自分の子供だと考えているんです。そして、遊びの相手をしてあげようとしているんだと思います」と。

なんだって!! 「お菊」が僕の親だって!! 僕が遊んでもらっているんだって!!

いつの間に、こんな関係になってしまったんだろう?・・・情けなさでいっぱいです。

にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ