Diary 雑記

33:今回も猫VS猫

  • だるそうだな
  • 洗われたあと
  • ベランダに何か来た
  • アンダー・ザ・ソファ

少し前のこのコーナーで、「お菊」は朝の4時か5時に、餌をもらうために僕を起こしに来ると書いた。

本当は「お菊」の朝食は午前6時と決めてある。だが、「お菊」は餌をもらえるまで非常にしつこく起こしに来るので、いつも根負けしてしまうのだ。僕は眠りについたばかりで、眠たくてたまらず、猫と戦う気力などない。

しかたなくベッドを出ると、僕は寝ぼけ眼で「お菊」に餌を与え、またベッドに潜り込む。「お菊」がカリカリと餌を噛み砕いている音を遠くに聞きながら、再び眠りに落ちる。

だが、それが大きな失敗だった。

確かに、かつては4時か5時だった。

だが、僕を起こしさえすれば餌をゲットできると考えた「お菊」は、毎日、少しずつ起こしに来るのが早くなっていったのだ(バカとはいえ、あなどれない)。

毎日毎日・・・少しずつ少しずつ・・・。

本当は餌をねだりに来た「お菊」を強く叱ればいいのだろう。尻尾をわしづかみにして振り回し、力任せに壁にでも叩きつけてやるべきなのだろう。それが「しつけ」というものだ。

だが、僕には強く叱ることができない。

バカではあるが、「お菊」は可愛い娘でもある。パグ犬のピーナッツにはしていた体罰を、僕は「お菊」にはほとんどしない。

だが、それが本当に失敗だった。

今朝は何と、2時50分に起こされた。

僕が眠ったのが2時過ぎだったから、寝入りばなを起こされた計算になる。もちろん、真夏とはいえ、外は真っ暗である。

それでも僕は、今朝もふらふらとベッドを出た。そして、喜んで爪とぎをしている「お菊」に固形飼料を与えて再びベッドに潜り込んだ。せめてもの仕返しのつもりで、明かりは点けてやらなかった。

だが、「お菊」は暗いのなんて、へっちゃらである。真っ暗な中で、カリカリと餌を食べていた。

うーん。明日はいったい、何時に起こしに来るんだろう。考えると、うんざりする。

これだったら、ベッドに入る前に餌をやったほうが楽かもしれない。

まあ、朝は「お菊」の天下だ。あの時間の僕には抵抗するすべがない。だが、やられてばかりいいるわけにはいかない。

僕は夕方には、その借りを返す。

ちなみに、「お菊」の夕食は午後6時である。午前3時前から何も食べていないから、夕方の「お菊」は猛烈な空腹を感じているはずだ。午後4時頃から「餌をくれ」と、しつこくまとい付き、激しく僕の仕事の妨害をする。

けれど僕は、未明の仕返しに、午後6時までは絶対に餌を与えないことにしている。

時には7時過ぎまで我慢させることもある。

ふん。お腹を空かせて苦しむがいい。

サディスティックな気分で思っている。

こんなところでも「お菊」と僕は毎日、対等な戦いを繰り広げているのです。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ