Diary 雑記

36:久々にトラブル発生

  • そこは僕の場所なんですけど1
  • 紙袋が好きです
  • 猫だんご

最近の「お菊」はきわめて健康だった。掛かり付けの「あさひ動物病院」に行くこともなく、「やっぱりメスは強いなあ」と思っていた。「面白くないから、たまには風邪でもひけ」、と思っていたほどだった。

だが、そんな「お菊」にトラブル発生である。顎の下に「できもの」ができ、それがどんどん巨大化していったのである。

昔から僕はペットの具合が悪いと、おろおろする。心配のあまり、何も食べられなくなってしまう。

もしかしたら、何か悪い「できもの」かもしれない。もし、悪性の腫瘍だったら、どうしよう?

僕は気が弱い男である。

「お菊」を抱いて身体に触ってみると、「できもの」は顎の下だけではなく、全身のあちらこちらにできているようだ。

慌てて僕は「お菊」をクルマに乗せ、「あさひ動物病院」に連れて行った。

最近の「お菊」は、とてつもなく内弁慶なので、動物病院の待ち合い室では石のように固まって、妻の膝の上で、みっともないほどガタガタと震えていた。

で・・・診察の結果、「お菊」のできものはすべて、僕のコーミングによる外傷が原因だということが判明した。

「ちょっと乱暴にやり過ぎだよ」

医師はそう言って苦笑いした。

思い当たることがないわけではない。

コーミングは僕の数少ない仕事のひとつである。僕は毎日、膝の上に「お菊」を乗せ、金属製のクシをつかって、「お菊」の全身をコーミングする。「お菊」はいつも嫌がって、「みゃー、みゃー」と悲鳴を上げて激しく暴れる。最後には「フー!!」っと僕を威嚇する。

だが、僕は手加減はしない。「お菊」の全身のすべての毛を引っこ抜く勢いで、ぐいぐいとやる。

終わった時にはいつも、夏ミカンほどの大きさの毛玉が取れる。

僕はそれで満足だったが、どうやら、これがいけなかったらしい。クシでぐいぐいやっている時に、皮膚のあちらこちらに傷が出来てしまい、そのいくつかが化膿してしまったようなのだ。

「女の子なんだから、これからはもっと優しく扱ってあげてね」

獣医師に言われ、抗生物質をもらって帰宅した。

翌日から、コーミングの担当は、僕から妻に変わった。妻によれば、僕にはまかせておけないということだ。

コーミングの担当者が変更になると、「お菊」のできものは、あっという間に小さくなった。そして、数日後には跡形もなく消えてしまった。

やはり原因は僕だったのだ。

そんなわけで、今では「お菊」は毎日、妻に優しくコーミングされている。「そんなやり方じゃ、生ぬるい」と僕は言いたいところだが、我慢している。

うーん。「お菊」のやつ!! いい気になりやがって!!

僕にはただでさえ、できることは少ないのだが、これでまたひとつ、僕の仕事がなくなってしまった。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ