Diary 雑記

44:旅先で

  • のんびり
  • 真夜中の解放廊下1
  • 真夜中の解放廊下2
  • 真夜中の解放廊下3

ひとつの本を書き終えると、僕はしばしば海外に旅に出る。

このところ、マカオでカジノにはまっているが、その前はたいてい南の島に出かけていた。

執筆を終えての旅はいつも楽しいのだが、時折、心に引っ掛かるものがある。それは自宅に残して来たペットのことである。

昔、パグ犬のピーナッツがいた頃、旅先ではしばしばピーナッツのことを考えた。

「今頃、ピーナッツはどうしてるだろう?」「寂しがっていないだろうか?」「早くまた一緒に散歩したい」

そんなことばかり考えていたから、旅が終わるのは残念ではなく、むしろ楽しみでさえあった。

さて、「お菊」も海外に連れて行くわけにはいかないから置いて行く。かつてはペットシッターの人に1日に2回ずつ自宅に来てもらっていたこともあったが、最近は同じマンションに暮らす義母に預けている。

ピーナッツと同様に、以前は旅先で僕は「お菊」のことをしばしば考えた。

特に義母が電話で「あんたたちが出かけてから、ずっと鳴き通しだよ」なんて言うと、心配で心配でたまらなかった。

けれど・・・いつの間にか、「お菊」は義母宅での留守番にすっかり慣れたようである。出かけた日には今も機嫌が悪いようだが数日で慣れ、食事も排便も何の問題もないらしい。犬と違って猫は手がかからないから、義母も楽のようだ。

そんなわけで、最近は旅先でも僕が「お菊」を思い出すことはあまりない。時々、ぎゅさと抱き締めたくはなるが、それだけだ。

だから、今回のマカオでも「お菊」のことはほとんど思い出さなかった。

さて、29日の深夜に帰国して、30日の午後に「お菊」を迎えに行った。

だが、いくらインターフォンを鳴らしても応答がない。どうやら、義母は留守のようだった。

僕は中の様子をうかがうために、義母の部屋のドアポストを指で押し上げた。すると、そこに「お菊」の顏があったのだ!!

ドアの向こうに2本足で立った「お菊」は、僕と目が合うと、「にゃー」と可愛らしい声で鳴いた。

僕は慌てて自宅に戻り、義母の部屋の合鍵を使ってドアを開き、玄関のたたきにいた「お菊」を抱き締めた。

ただいま、「お菊」。

たったそれだけのことですが、僕にはとても嬉しい瞬間でした。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ