Diary 雑記

46:夏に歌う

  • 見上げる
  • 見返り美人
  • 真上から

今からちょうど2年前、このコーナーの第22回で、早朝に「お菊」が「にゃーおー、にゃーおー、にゃーーーーおーーーー」と、とてもうるさく鳴くと書いた。

毎朝4時に、熟睡している僕を無理やり起こして餌をもらったあと、リビングルームの床にだらしなく寝転がって、歌うような大声で鳴いたのである。

「にゃーおー、にゃーおー、にゃーーーーおーーーー」

妻と僕は途方に暮れた。そして、「いったい何の意味があるんだろう?」と首を傾げあった。

だが、ありがたいことに、秋が来ると、「お菊」の歌声はぴたりとやんだ。

やれやれ。

僕たちは胸を撫で下ろした。

だが、ほっとしたのもつかの間、翌年も夏が来ると、早朝から「にゃーおー、にゃーおー、にゃーーーーおーーーー」と、リビングルームでさわがしく歌うようになった。

おかげで夏のあいだ、妻と僕はいつも睡眠不足に悩まされることになった。

けれど、それも秋には終了し、僕たちはつい最近まで、そのことをすっかり忘れていた。

しかし・・・今年もまた夏が来た。

そうしたら、またしてもそれが始まったのだ。

「にゃーおー、にゃーおー、にゃーーーーおーーーー」

それは近所迷惑なほどの凄まじさである。

「キク! うるさい!」

たまらず、妻か僕のどちらかが怒鳴る。

すると、しばらくのあいだ鳴き声はやむ。だが、僕たちが再び微睡みはじめると、またそれが始まるのである。

「にゃーおー、にゃーおー、にゃーーーーおーーーー」

おかげで、今年も僕たち夫婦は睡眠不足である。

それにしても夏にだけ歌うとは、いったいどういうことなのだろう?

夏だけ結成するバンドみたいなものなのかな?

とくかく困っています。どなたか、夏に歌う猫の理由を知っていたら、ぜひ、教えて下さい。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ