Diary 雑記

51:座るな!!

  • いつも同じ顔
  • 猫背だな

つい先日のことである。

ぐっすりと就寝中、あまりの息苦しさに僕は目を覚ました。

えっ?

何も見えない!!

一瞬、パニックに陥りかけた。

だが、次の瞬間に理解した。

 なんと、「お菊」のやつが、僕の顔の真上に「お座り」をしていたのだ(もし、「お菊」が人間の女だったら、かなりエッチな格好ですね)。

ご主人様に対して、なんていうことをしやがる!!

僕は怒り狂って「お菊」を顔から払い除けた。そして、咳とくしゃみを繰り返しながら、口や鼻に入り込んだ「お菊」のふにゃふにゃした毛を取り除いた。

今度やったら、ただじゃおかないぞ!!

僕は「お菊」に言ったが、バカな「お菊」は言語をほとんど理解できない。

それがすべての始まりだった。

それまでの「お菊」は、朝の餌をねだるために、僕の顔をぺろぺろとなめていた。

そう。僕は毎朝、まだ暗いうちに、顔をぺろぺろする「お菊」によって目を覚ましていたのだ(それはキスされているみたいで、悪いものではなかった)。

けれど・・・どういう理由からは知らないが、それ以降の「お菊」は毎朝のように僕の顔の上に「お座り」をしている。まるで座布団にでも座るかのように、僕の顔の上にぺたんと座っているのだ(前を向いている時と、後ろを向いている時があります)。

うーん。

確かに、僕はとても寝相がいい。いつも「気を付け」の姿勢で、まるで死体のように身動きせずに朝まで眠る(そのせいか、いつも朝は尻が痺れていて、腰も痛い)。寝相の悪い妻が「死んでるのかと思った」と言うほどだ。

だから、たぶん、「お菊」も座りやすいのだろう。

だが・・・だからといって、主人である僕の顔に座るなんて、言語道断である。

畜生。許せない。

とは思いつつも、僕は眠っているのだから、どうしたって「お菊」の攻撃を防ぐことはできない。

そんなわけで、今朝(2月1日未明)もまた、僕は朝の5時に「お菊」の「顔に座る攻撃」によって目を覚ました(今朝は前を向いて座っていた)。おそらく、明日の朝もそうなるのだろう。

毎晩、眠りに就くのが恐ろしい、きょうこのごろである。僕じゃなく、妻の顔に座ればいいのに。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ