Diary 雑記

53:直接フリーキックゲーム

  • でっかい足の裏!!
  • 何か発見!
  • 振り向く
  • 目つき悪いなあ。

Diaryにも書いたように、ここ一ヶ月ほどの僕は目も回るほどの忙しさである。一日のかなりの時間をワープロの前で過ごしている。そして、指先が痛くなるほどの激しさでキーボードを叩き続けている(そんなに強く叩く必要はないのですが・・・おかげで、キーボードの文字はみんなかすれています)。

主人である僕がこんなにも忙しくしているというのに・・・「お菊」のやつは、呆れるほどのんびりとしている。

「お菊」のやることといえば、餌を食うこと、排泄をすること、身体をなめること、窓の外を眺めること、そして、寝ることだけである。

だが、主人である僕がこんなに働いているのだから、少しは「お菊」にも協力してもらわなくてはならない。そうでなければ、猫を飼っている意味がない。

そんなわけで・・・「お菊」には僕の気晴らしの相手をしてもらうことにした。

考え出したのはサッカーの直接フリーキックゲームである。

ルールは簡単。

まず、横長の段ボール箱を用意する。そして、その箱を、開いた蓋をこちらに向けるようにして床に置く。

次に丸めた銀紙を用意する。それから、さっきの中に「お菊」を入れる(無理に入れなくても、たいていは自ら進んで入る)。

これで準備は完了。

あとは箱の中の「お菊」に向かって、3メートルほど離れたところから丸めた銀紙を投げ込むだけである。

行くぞ、「お菊」。

その時の僕は、ゴールを狙う中村俊介の気分である。

「お菊」は体勢を低くして、ゴールキーパーのように身構える。

ピュッ。

僕が箱の右の隅を目がけて、銀紙ボールを投げ入れる。

パシッ。

「お菊」はそれを前足で難なくはたき落とす。

畜生。フリーキック、失敗である。

僕は「お菊」がはたき落とした銀紙ボールを拾い上げ、再び、ゴールを狙う中村俊介になる。

「お菊」も再び、ゴールキーパーのように身構える。そんな時の「お菊」の目は、爛々と輝いている。

ピュッ。

今度は左の隅に向かって銀紙ボールを投げ入れる。

パシッ。

「お菊」は再び、前足で難なく叩き落とす。

畜生。また失敗だ。

僕はまたしても銀紙ボールを拾ってゴールを狙う。「お菊」もやはり、ゴールキーパーのように身構える。

そんなバカバカしいことを何度か続けるうちに、ついに僕は「お菊」のガードをかいくぐり、箱の右脇にゴールを決める。

「ゴーーーーーール!!」

僕が叫び、「お菊」が不思議そうに僕の顔を見る。

ゴールを決めた僕は、再び仕事をするためにワープロの前に戻る。

はい。それだけの話です。いつもくだらなくて、ごめんなさい。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ