Diary 雑記

54:障子を破く

  • いつも眠い
  • つり目だなあ
  • ハエを見上げてます
  • 見張りは得意
  • 菊が破いた障子です

我が家には和室はない。だが、障子はある。30年ほど前、今は亡き僕の父が手作りした本棚に嵌まった障子である。

なぜ、本棚に障子が嵌まっているのかは、よく知らない。父は死んでしまったから、尋ねることもできない。かつて父の実家にあった100年近く前の古い古い障子だということだから、何となく捨てたくなかったのだろう。

まあ、本棚のことはどうでもいい。問題はそこに嵌められた障子である。

どういうわけだか、「お菊」のやつは、その障子を破くのが大好きなのだ。

特に何かを訴えたい時、「お菊」はしばしばその障子の前で直立する。そして、前足でシャカシャカと障子を引っ掻くのである。

たとえば、朝。「お菊」がいくら起こしても、妻も僕も起きない時・・・「お菊」はしばしば障子の前に直立する。そして、前足でシャカシャカを始める。障子が破ける音がする。

もちろん僕は猛烈に怒る。妻も怒る。

だが、「お菊」のやつは、どうしても障子に爪を立てるのをやめないのである。

しかたなく僕たちは障子を張り替える。だが、数日後にはまた、「お菊」のやつがビリビリにしてしまう。

「お菊」が破く。僕たちが張り替える。「お菊」が破く。僕たちが張り替える。永遠のイタチごっこである。

障子なんか破いて、何が楽しいのだろう?

妻と僕は首を傾げた。

だが・・・つい数日前、ふたりで近所を散歩している時に、僕たちは「猫に破かれた障子のある家」を発見したのだ!!

「あっ!!」

妻と僕は同時に叫んだ。

そうなのだ。障子を破く猫は「お菊」だけではないらしいのである。

その後、僕たちは近所の家々を注意深く観察しながら散歩を続けた。そして、そして・・・「猫に破かれた障子のある家」を次々と見つけたのだ!!

うーん。猫の新しい習性の発見である。

猫を飼ってる読者のみなさん。みなさんの家の猫は障子を破きませんか?もし、破くのなら、ぜひ、御一報下さい。理由を知っていたら、それも教えて下さい。

それにしても、猫っていったい・・・?

そんなわけで我が家では、本棚の障子の張り替えを日常的に続けております。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ