Diary 雑記

58:お菊様

  • 浴衣で仕事
  • 新居のお菊1
  • 新居のお菊2
  • 新居のお菊3
  • 新居のお菊4

diaryにも書いたように、妹夫婦が暮らしていた町田市の家に引っ越して来た。

引っ越しにあたっては、いろいろと心配なことはあったが、僕たち夫婦がいちばん心配していたのは「お菊」のことである。

これまでにもしばしば書いたように、我が家の「お菊」はとてつもなく弱いのだ。旅行に同行させると何も食べず、うんこもおしっこもできないのだ。

だが、「お菊」のために引っ越しをやめるわけにはいかない。

僕たちは引っ越しを強行した。

引っ越しの初日。

狭いマンションの部屋しか知らない「お菊」は、案の定、この広大な家にひどく怯えた。そして、1階の玄関の下駄箱の下の狭い隙間に潜り込んだ。

どれほど呼んでも、駄箱の下から「お菊」は出て来なかった。餌の時間になっても、出て来なかった。

しかたなく僕たちは「お菊」を力づくで引っ張りだし、2階の寝室へと連れて行った。

だが、今度は「お菊」のやつは、クロゼットの中に逃げ込んでしまった。

夜になっても餌は食べないし、水も飲まない。うんこもおしっこもしない。

「大丈夫かな? 死なないだろうな」

僕たちは本気で心配した。

もし、このまま飲まず喰わずで「お菊」が死んだら、引っ越しをしたことを僕たちは永久に後悔することになるだろう。

「どうする? 平塚に戻る?」

僕たちはそんな相談までした。

けれど・・・動物というものは、与えられた環境に適応するものなのだ。

2日が過ぎ、3日が過ぎ、4日が過ぎると・・・「お菊」のやつも、少しずつこの家に慣れてきた。そして、餌も食べ、水も飲み、うんこもおしっこも普通にするようになった。さらに5日が過ぎ、6日が過ぎ、1週間が過ぎた頃には、以前のマンションと同じような、くつろいだ様子を見せるようになった。

僕たちは胸を撫で下ろした。

引っ越しから1ヶ月が過ぎた今では・・・この広い家での生活を、「お菊」は僕たち以上に満喫している。

階段を駆け上がり、駆け下り、出窓に飛び乗り、ベランダでトンボを追いかけ、日だまりに寝転がっている。狭いマンションと違って激しく運動をするせいか、食欲も旺盛である。

まったく、「お菊」のやつ。心配させやがって。

追伸。アメリカに渡ったヒカルは、先日、妹夫婦と車に乗り、カナダのナイヤガラの滝に行ったそうです(僕でさえ行ったことがないのに!!)。

カナダのホテルでは、家族3人の宿泊料が合計で160ドルだったのに、ヒカルは1匹で75ドルも取られたようです。

でも、姪にとても可愛がられ、ヒカルは幸せに暮らしております。

ご安心ください。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ