Diary 雑記

63:睡眠不足

  • 僕は一服
  • こもれび
  • コーミング1
  • コーミング2
  • 何が気になるの

diaryに書いたように、この冬の僕は庭に来る野鳥たちに餌をやり続けている。そして、「お菊」のやつは、餌台に群がる鳥たちを眺め続けている。

そうなのだ。「お菊」は庭に面したカーテンの中に身を潜め、その下から顔だけを少し出し、ほとんど一日中、鳥たちを見つめているのだ。

もちろん、窓ガラスがあるから飛びかかって、鳥たちを捕獲することはできない。

いや、最初の頃、一度だけ、芝生の上を歩いているヤマバトに襲いかかろうとして、ガラスにしたたか顔をぶつけたことはある。だが、バカな「お菊」も学習して、それ以降はガラスにぶつかることはない。ただ、見つめているだけである。

「いったい、何が楽しいのかしら?」

妻は首を傾げている。

だが、「お菊」にとっては、捕獲できるはずもない鳥を見ていることが、ものすごく楽しいらしいのだ。

僕が前の晩に餌を蒔いているので、餌台には夜明けと同時に鳥が群がる。すると、「お菊」は寝室を飛び出し、一目散に窓辺に駆けつける。そして、まだ閉じたままのカーテンの下から、餌台の鳥を見つめている。

夜が来るまで餌台には断続的に鳥たちが来るから、「お菊」も必然的に、夜までずっとカーテンの下から鳥を見つめている。

最近では僕と一緒に玄関や第二玄関に出ることもなく、ただ、ただ、鳥を見つめている。そのあいだ、眠ることはまったくない。

猫という動物には、一日に16時間の睡眠時間が必要だと聞いている。けれど、朝の6時半頃から夕方の5時半頃まで、だいたい11時間を鳥を眺めることに費やしている「お菊」に残された時間は、わずか13時間しかない。

そんなわけで、最近の「お菊」は午後6時に餌を食べたあとはすぐに眠ってしまう。そして、翌朝、鳥たちが来るまで、ただ、ただ、眠り続けるのである。

「睡眠不足の猫は死にやすいっていうわよ」

妻はそう言って心配している。

僕も「お菊」が睡眠不足で死ぬことを危惧している。

相手が子供なら、「いつまでも鳥を眺めていないて、さっさと寝なさい!!」と言うこともできるが、言葉の通じない「お菊」にそんなことを言ってみても始まらない。妻や僕にできることは、「お菊」の睡眠不足を心配することだけなのです。

今回もバカバカしい話で、失礼しました。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ