Diary 雑記

85:腹が減る

  • 指先が好き
  • 爪研ぎはここで
  • 「そこどいて」
  • 「飯をくれ」という顔

わずか2ヵ月前のこの欄に、「お菊」の食欲が落ちて心配……みたいなことを書いた。

そう。わずか60日前である。

だが、この2週間ばかりの「お菊」の食欲は凄まじいものである。腹が減ってしかたがないようなのだ。

深夜に起こされるのが嫌だから、最近の僕は就寝前、だいたい午前2時頃に「お菊」に餌をやる。2週間前までは、それで朝まで起こされることはなかった。

だが、最近の「お菊」は、午前2時に食事を済ませたというのに、日の出の頃にはまた猛烈に腹が減るらしい。死んだように眠っている僕の顔をなめたり、手に噛み付いたり、爪で引っ掻いたりして、「餌くれ」「餌くれ」と起こすのである。

しかたなく、僕はふらふらになりながらベッドを出て、「お菊」に餌をやる。この2週間、そんなことが続いている。

2週間前までの「お菊」は昼間はたいてい2階の寝室で眠っていた。妻に餌をもらうのは、たいていは午後6時か7時だった。

だが、最近は午後2時過ぎにはもう一階のリビングルームに降りて来る。そして、「にゃー。にゃー」とうるさく鳴きながら、妻を追い回すのである。

妻はそのしつこさに根負けして、午後2時過ぎに餌をやる。ドライキャットフードを、かなりたっぷりと与える。

だが、午後7時か8時にはまた腹が減るようで、また妻をしつこく追い回す。妻はまた根負けして、ドライキャットフードをたっぷりと与える。

さらに、午後10時半か11時から僕たち夫婦の夕食が始まるのだが、その時には僕の足下に座り、今度は「チーズくれ」「チーズくれ」とせがむ。「お菊」があんまりうるさいから、ゆっくりとワインを味わうこともできないほどである。

そして、その後は午前2時の食事になり……それが毎日のように繰り返される。

つまり、現在の「お菊」は、1日に4食プラス猫用チーズのおやつという大食漢なのである。

寒くなって食欲が出たのは理解できるが……去年もこんなに食べたのかなあ?

最近は買い置きの餌がすぐになくなってしまうので、僕たちはキャットフードを飼うために頻繁にペットショップに足を運んでいるのである。何だか、見た目もコロコロとして来たような?

みなさんの家の猫たちも、こんななのでしょうか? にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ