Diary 雑記

90:えっ、年寄りなの?

  • 草を噛む音がします
  • 八重桜も終わりです
  • クルマの下が好き
  • ぺろぺろ
  • 笑点ですか

昨日のことである。

いつもそうしているように、僕は第二玄関外の木陰で煙草を吸っていた。そんな僕のすぐそばでは「お菊」が草を食べていた。

するとそこに、孫を連れたおばさんが通りかかった。

「お菊」を見たおばさんが、突然、言った。

「あらっ、このチンチラ、年ね」

「あの……そう見えますか?」

「ええ。わたしもチンチラを飼っていたことがあるからわかるの。このチンチラ、かなり年でしょう?」

「ええっと……ちょうど8歳になったところですけど……」

「やっぱり年ね」

そう言うと、おばさんは孫と一緒に立ち去った。

ただ、それだけのことである。

だが、その言葉に、僕は軽いショックを受けた。

というのも、僕はずっと「お菊」のことを10代の小娘のように思っていたのだ。それなのに、「年」だなんて、ひどすぎる。

煙草を吸い終わった僕は、すぐに妻に報告した。

それには妻もかなり驚いたようで、「ええっ、見る人が見ると年に見えるのかしら?」と言って僕を見つめた。

うーん。読者のみなさま、「お菊」は年に見えますか?

僕たち夫婦には、そんなふうには見えないのですが……。

でも、猫の寿命の半分ぐらいまで生きてるんだから、やっぱりもう小娘ではないですよね。

娘をけなされた父親のようで、ちょっとショックを受けている僕です。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ