Diary 雑記

96:ファザコン娘

  • 洗濯カゴです
  • 最近、僕らは仲良しです
  • 臨戦態勢
  • 俳句を考えてます
  • 「お菊」の尻尾が好き
  • 視線の先にノボルあり
  • 最近はロフトで寝ます
  • 変な顔になりました
  • 棒のように寝ます

ノルウェージャン・フォレストキャットのノボルがやって来て、間もなく4ヶ月になる。

一昨日、「お菊」とノボルの体重を計ってみたら、2頭とも3.8キロになっていた。つまり、ノボルの体重は、ついに「お菊」に追いついてしまったのだ(4ヵ月前には900グラムしかなかったのに!!)。

体重は同じでも、力とスピードではノボルのほうが遥かに上である。

昔はノボルがじゃれつくたびに、「お菊」はノボルを苦もなく弾き飛ばしていた。けれど、今ではそれができない。ノボルに押さえ付けられ、首や背中を執拗に噛み付かれている。何とか逃げ出せても、あっという間に身体の上を飛び越され、前方を塞がれ、また背中にのしかかられる。

そんなことが一日に何度もある。ノボルは本当にしつこいので、見ていると「お菊」がかなり気の毒になる。

もしかしたら、これはノボルが「お菊」に発情しているのではないか?

そう思った僕たち夫婦は獣医師と相談し、予定より10日ほど早くノボルの去勢手術をした。そうすることで、「お菊」へのいじめ(今ではふざけているというより、いじめているように見えます) を止めるのではないかと期待したのだ。

けれど、これは期待はずれだった。

去勢手術をしたにもかかわらず、ノボルはまったく変わらなかったのだ。

ノボルは本当にしつこいやつで、1日に何十回も「お菊」に襲いかかる。これでは「お菊」もノボルも眠れないし(猫はたくさん眠ったほうが長生きするそうです)、そのたびに家の中が滅茶苦茶になる(「お菊」は逃げる時に、いろいろなものを倒したり、ひっくり返したりします)。

しかたなく、最近は夕方から夜にかけては「お菊」を寝室に非難させ、ドアを閉めるようにしている。

さて、この「お菊」、最近は僕ととても仲がいいのである。昔は僕とは一緒には絶対に寝なかったのに、最近は僕の布団の中に潜り込んで来たりもするのだ。

「お菊」が僕に懐くようになった理由は、たぶん、僕が「お菊」に優しく接し、ノボルの攻撃から守ってやっているからだろう。

そう。ノボルがやって来てからの僕は、以前のように退屈しのぎに「お菊」をいじめるのを止めた。床に押さえ付けて無理やりキスするのも止めた。そして、ヒマさえあれば「菊、菊」と呼んで可愛がっている(多頭飼いの基本は先住猫を可愛がるです)。「お菊」がノボルに襲いかかられれば、できるだけ引き離すようにしている。

そんなわけで、最近の「お菊」はすっかりファザコン娘になってしまったのである。

ノボルも可愛いけど、「お菊」は女の子ですからね。その可愛さは、ひとしおです。女の子はいいなあ。にゃーお。

Diary list

Okikusama:150〜159
Okikusama:140〜149
Okikusama:130〜139
Okikusama:120〜129
Okikusama:110〜119
Okikusama:100〜109
Okikusama:90〜99
Okikusama:80〜89
Okikusama:70〜79
Okikusama:60〜69
Okikusama:50〜59
Okikusama:40〜49
Okikusama:30〜39
Okikusama:20〜29
Okikusama:10〜19
Okikusama:1〜9
このページのトップへ