Works 作品紹介

殺人勤務医 ベストセラー21刷!!

角川ホラー文庫
2002年3月発売
定価(税別):590円

amazonで購入する

殺人勤務医

角川ホラー文庫からの2作目。本の帯には「かつてなく、美しく切ない猟奇殺人」「死者の体温」のようなものを、というホラー文庫の編集長の佐藤秀樹さんの希望に添えば、と思って書きました。

またしても舞台は湘南。人工妊娠中絶手術専門医である古河は有能な医師で、物静かでハンサムで、ナースたちには大人気だ。だが、その裏で彼は、食べ物を大切にしなかった女や、鯉の泳ぐ池に洗剤を投げ込んだ男、犬を繋ぎっぱなしにしている男など、自分の価値感にそぐわない人間を次々と拉致し、自宅の地下室に監禁して残虐な方法で殺害していく。

今までに7版を重ねたベストセラーで、僕自身もすごく気に入っています。何よりも角川書店の人たちに恩返しができて、よかった。

Works list

このページのトップへ