Works 作品紹介

4人の食卓

日本テレビ放送網
2004年4月発売
定価(税別):1,238円

amazonで購入する

4人の食卓

「猟奇的な彼女」で大ブレイクしたチョン・ジヒョン主演の最新作の小説化作品です。

 初めてこの映画を見た時、「これは僕自身の小説を映画化したものなのではないか」と思ったほど強烈に感情移入してしまった。

地下鉄の中に残された、母親に毒殺された少女たちの死体。

マンションから落ちて行く人と目が合ったと主張する女。

7才より前の記憶がないという男。

ダイニングキッチンのテーブルに向き合った少女の幽霊。

マンションのバルコニーから赤ん坊を投げ捨てる母親。

ゴミ収集車にひき殺され、マンホールに投げ込まれる子供。

焼けて黒焦げになった幼女。

それらのシーンのすべてが僕の感性に一致していた。

この小説を書くために、僕は韓国に行った。
そして、そこで異様な光景に出会った。それは僕の見たことのない光景だった。

僕らしい作品にするために、脚本を書いた女性監督とはラストシーンをめぐって随分とやりあった。そのために編集者やプロデューサー、エージェントや通訳の人たちにはたいへんな迷惑をおかけした。けれど、作品のためには妥協したくなかった。

「世界の中心」ではなく、人々の輪の外側に無言で佇んでいるような主人公たちは、これまでの作品で、まさに僕が描いて来た人々だ。「呪怨」の恐怖とはまったく別種の、じわじわと滲み出るような冷たい恐怖をじっくりと味わってください。

Works list

このページのトップへ