Works 作品紹介

殺人調香師 ベストセラー3刷!!

角川ホラー文庫
2011年10月25日発売
定価(税別):705円

amazonで購入する

殺人調香師

舞台は神奈川県大磯町にある「ブルボン香水店」。

若くてハンサムで礼儀正しい天才調香師、柏木薫の調合する香水を求める有閑マダムたちで、香水店はいつも賑わっている。

まるで犬のような嗅覚を有する柏木は、香水作りにおいて素晴らしい才能を発揮し続けている。だが、柏木には調香師としての表の顔とは別に、「連続快楽殺人鬼」としての裏の顔があった。

彼はある種の女たちが死後に立ち上らせる「その薫り」に、異常なまでに引きつけられてしまうのだ。「その薫り」を嗅ぎたいがために、ある種の女たちを次々と手にかけているのだ。そして、「その薫り」を立ち上らせている死体を犯すことを、至上の喜びとしているのだ。

僕にとって、久しぶりの連続快楽殺人鬼の物語です。

エロティックで、スキャンダラスで、ロマンティックな話に仕上げたつもりです。ぜひ、みなさま、手に取ってみてください。

Works list

このページのトップへ