Works 作品紹介

蜘蛛と蝶 絶賛発売中!

講談社
2015年8月20日発売
定価(税別):1,400円

amazonで購入する

蜘蛛と蝶

多岐川瑠璃子(たきがわ・るりこ)は33歳、独身。都内のクリニックに勤務する歯科衛生士で、横浜郊外の住宅街に両親と3人で暮らしている。

真面目で仕事熱心なことだけが取り柄の瑠璃子は、「もしかしたら自分は一生,結婚しないのかもしれない」と思っていた。ひとりで暮らしていくための心構えもし、それなりの貯金もしていた。

そんな彼女ではあったけれど,ある日,何げなく目にした出会い系のサイトで,ひとりの男と出会う。

男の名は佐々木一希(ささき・かずき)。年は瑠璃子より7つ下の26歳。彼は一流大学を卒業して,今は大手総合商社で働いているという。

何度かのやり取りのあとで、瑠璃子は彼と会い、たちまちにして恋に落ちる。

彼のほうも、瑠璃子をとても気に入ったようで,結婚を前提とした交際を瑠璃子に申し込む。

背が高く,ハンサムで優しい年下の男との日々に,瑠璃子は信じられないほどの幸福を覚える。

けれど……実は彼は結婚詐欺師で,瑠璃子の金が目的だったのだ。

瑠璃子だけでなく、気弱な結婚詐欺師である一希にも感情移入していただきたいと思って書きました。

ストーリーはシンプルで、特別などんでん返しはありません。騙される女と,騙したくないのに騙さざるを得ないという男。そのふたりの心理をじっくりとお楽しみください。ラストシーンは自慢です。

「小説現代」に4回にわたって連載された作品で,講談社からは初めての本になります。

大石圭の最高傑作にするつもりで書きました。ぜひ、読んでください。

Works list

このページのトップへ